クレジットカード付帯の海外旅行保険で十分? 補償内容は要確認!

tarvel_insurance




私は海外に行く上で保険の加入は必須だと考えています。というのも、日本では病院などに通っても保険が適用されるため3割の実費負担で済みますが、海外ではそうもいきません。

そもそも日本は医療福祉が手厚いことで世界的にも有名です。アメリカなどでは救急車を利用したら、それだけで3万円とか取られるそうです。幸いにも私はそういう事故には出くわしたことないのですが…。

海外旅行保険つきのクレジットカード

tarvel_insurance

クレジットカードに海外旅行保険が付帯されるのは今や珍しいことではありません。ANAやJALなどの航空会社のクレジットカードには一般カードでもついていますし、グレードが上がればそれだけ補償内容も充実しています。

さらに、これらのカードは有効期限内であれば所持しているだけで補償されるため、保険加入の面倒な手続きなども必要ありません。とても便利なものです。

保障内容を理解していますか?

では、こういった海外旅行保険つきのクレジットカードさえ持っていれば、わざわざ煩雑な手続きを行ってまで別途保険に加入する必要はないのでしょうか? 実は補償内容を自分で確認するとわかりますが、結構手薄になっていることがわかります。

travel-insuracne [引用] ANA | ANAカード 旅行障害保険のご案内 (PDF)

これ見ていただけるとわかるのですが、私のような一般会員 (表左) ですと傷害、賠償責任、携行品損害に補償がついていないことがわかります

なので、この保険が付帯していても死亡または後遺障害でなければ保険金は支払われません。仮に私自身が死んでしまった場合、あとの話はあまり私自身に関係ないので、むしろ傷害による後遺障害とか、物をなくしたときの携行品損害を補償してもらった方がよっぽど助かります

travel_insurance [引用] JAL | 海外旅行・国内旅行の付帯保険

こちらはJAPAN AIRLINESのカードに付帯する保険の補償内容ですが、概ねANAカードと同じです。

発生事故の割合

travel_overseas

で、実際に海外旅行で問題になる事故をケース別、国別に見てみましょう。

海外旅行保険で最も事故件数が多い補償項目は「治療・救援費用」(事故発生割合51.5%、前年比+2.5%)で、ケガや病気による治療費用、救急車等の交通費や医療通訳費、入院した際に家族が現地に駆けつける場合の渡航費用、日本や第三国までの医療搬送費用等を補償します。
次いで多いのが「携行品損害」(事故発生割合30.9%、前年比△1.6%)であり、パスポート、スーツケースやカメラ、携帯電話等の手荷物の盗難や破損を補償します。

[引用] ジェイアイ傷害火災保険株式会社 | トラブルデータ

こちらはジェイアイ傷害火災保険株式会社様のデータで、実際に発生する事故は「治療 51.5%」「携行品損害 30.9%」でほとんど占められています。ということは、ここを補償してくれる内容でないと困るわけです。

というわけで、クレジットカードの付帯保険 (一般会員) では全く補償内容が足りていないことがわかります

ヨーロッパへの旅行の場合、便の乗り換えのため、荷物の積み替えがある場合が比較的多く、スーツケースの破損が相次いでいます。また、周囲に対する警戒心が乏しい傾向のある日本人は、外国の犯罪者の目には「容易な標的」としてスリ等に狙われやすいといわれています。このような理由から、盗難被害も多数発生し、「携行品損害」の割合が多くなっています。

[引用] ジェイアイ傷害火災保険株式会社 | トラブルデータ

また国別の被害データを参照すると、今回私が行くヨーロッパでは携行品被害の割合が特に大きいことがわかります。携行品補償は絶対に欲しいですね。データを見ながら、自分の渡航先に合わせて補償内容をカスタマイズするのも一つの手だと思います (私は面倒くさがりなので、そこまではしていませんが…)。

補償内容は必ず確認!

上に記載したようにクレジットカード付帯の保険は便利ですが、補償内容が手薄なのがちょっと心配です。カード付帯保険をあまり過信せず、どこまで補償されるのか各自チェックしておくことが大切です。無料でついているものは、無料分の価値しかないということは頭に入れておくべきでしょう

せっかくの海外旅行、トラブルにあわないのが一番ですが、万が一を考慮すると安心のために入っておくべきものだと思います。

私の保険選び

以前書いた記事で、私がどのように保険を選ぶのかをまとましたので、もし必要であれば参考にしてみてください。

 

ネット保険だとよくわからない、自分で補償内容を選ぶのは不安…という方は、旅行代理店の店員さん、空港の保険受付窓口に相談して決めると良いと思います

 

そんなわけで、私本日からイギリスへ行ってまいります。

 

では、そんな感じで!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です