【ストレス対処法】睡眠不足は全ての敵




f:id:yayoi0004:20170821213958j:plain

先日ブログ記事に何もないのになんだかイライラするとき、その原因は

  • 細かい雑事に追われている
  • 疲れがたまっている、寝不足
  • 先行きが不安なことがある
  • 何をやってもうまくいかない時期

のどれかに分類できますと書きました。

【ストレス対処法】「やるべきこと」を整理すると、気持ちは落ち着く

さて、今回は2番目の「疲れがたまっている、寝不足」という項目における我流の解消法をご紹介致します。

1. 疲れがたまっている → 寝よう

はい、究極の答えです。面白みがなくてすみません。

私は睡眠をすごく重視しているので、毎日7時間30分、短くても6時間は寝るように心がけています。受験生の頃から、睡眠を削って勉強しても効率が上がらないことを嫌というほど知ったので、基本的に睡眠時間は削らないようにしています。

また、自分は寝不足だと些細なことにイライラしてしまいがちです。周りへの影響を考慮して、疲れているときにさっさと寝てしまうことは自分だけでなく周りの人に迷惑をかけない最善の方法だと考えています。

睡眠に関しては過去にブログ記事を書くぐらいこだわりがあるので、過去記事参照でお願い致します。

www.yayoi0004.com

自分の性格的なものなのか、寝不足が解消されると、たいていの嫌なことはほとんど忘れます。たまに締め切り間際とかで睡眠時間を削ることもありますが、基本は削らないで済むようスケジュールを組むようにしています。

2. 仕事が残っている場合は、朝起きてやる

学生のころから朝練などで早起きが得意なため、今まで寝坊というものをしたことがありません。そのため、眠い目をこすり、頭が働かない状況で作業をするぐらいであれば、さっさと寝て、次の日早く起きて作業をしています

朝時間だと「締め切りまで○○時間しかない!」みたいな適度なプレッシャーがあるので、なんだか作業がはかどる気がします。限られた時間の中で仕事をするときは、「完璧な仕事がでなくとも、全体が見渡せるよう8割完成すれば良い」ぐらいの気持ちで取り組めますし、一番大事なところから取り組むよう思考するので、むしろ簡潔でわかりやすい仕事にまとまったりします

3. 湯舟でゆっくり。仕事帰りに銭湯で至福のひととき

週の真ん中、疲れがたまってくる木曜あたりに、よく仕事帰りに銭湯によります。

学生時代、よく部活仲間と練習後に銭湯に行って疲れをいやしており、その頃から銭湯が大好きになりました。

広い湯船に足を伸ばしてゆっくり浸かっている時間は至福のひと時で、そういうときに「あ、あれやってみよう!」といったアイディアがぱっと浮かぶこともあります。

友人と楽しく話しながら入るお風呂も良いですが、最近では誰にも邪魔されずゆっくりと考え事をできる一人の時間を楽しむことが多いです。

湯舟に浸かると寝つきもよくなりますし、睡眠との相性も抜群。

足を伸ばせる湯に浸かる機会がない方へぜひ一度試していただきたいと思います。

睡眠不足は正常な判断力を失わせます。

たくさん寝て、起きている時間に目一杯活動頑張ります。

では、そんな感じで!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です