【感動の作り方】モノ消費でなく、コト消費を作る2つのポイント




モノ消費とコト消費

日本の経済が成熟してから、モノが売れない時代に入りました。

日本のように成熟した国家では、普段使いのモノは100円ショップでも安く購入できてしまいます。

そのため「モノ (物) ではなく、コト (体験) を売れ」というのが、物を販売する業界では常識となっています。

では “コト”、すなわち感動 (体験) はどのように作ればいいのでしょうか?

ポイントは5感ストーリーにあります。

感動とは何か?

感動とは何でしょう? これは読んで字のごとく「感情 (心) が動く」ことです。

…では、感情はどのようにすれば動くのでしょうか?

感情が喚起されるポイントは、人間の5感にあります。すなわち

  • 視覚
  • 聴覚
  • 味覚
  • 嗅覚
  • 触覚

これら5つの感覚器官が刺激される反応として、感情は生まれます

5感の中で、人は情報認知について、その9割以上を視覚に頼っています。そのため、感動要素の多くは視覚依存となっています。

しかし、同時に聴覚、味覚、触覚、味覚に良い刺激を与えると、感動体験をより強力にサポートできます

残念ながら、切り絵をはじめとするアート作品の多くは、感動体験の100%が視覚依存です

そこで僕は考えました。

なんとか視覚依存を脱却し、感動に付加価値を与えられないだろうか?

その結果が音楽を活用したプロモーションムービーや、

個展での切り絵に触れるという体験会の実施につながります。

photo-box [関連記事]>>>【個展】モノクロ切り絵展「MONO」で一番大切にしたかったこと

ストーリー

5感の刺激に加えて大切なのが「ストーリー性」です。

  • それ (モノ) を購入したら、どんな体験ができるだろう?
  • 日常がどのように鮮やかに、便利に、楽しくなるだろう?

ストーリー性とは、こういったお客さんのイメージを膨らませるための強力なツールになります。

Apple社の音楽プレーヤー、iPodが登場とともに爆発的にヒットしました。その要因の一つとして、Apple社のプロモーション戦略が挙げられます。

Apple社が打ち出した強力なキャッチコピー。それは、

「iPod。1000曲をポケットに。」

Apple / スティーブ・ジョブズ

この短い文には、「音楽を好きなだけ持ち運べる日常」という体験を、強くイメージさせる効果がありました。

感情を喚起させるストーリー構成が、コト消費では非常に重要になります。

バルミューダに学ぶ、5感とストーリー

最近「日本のスティーブ・ジョブズ」と名高い日本の家電メーカーがあります。バルミューダ社です。

オーブントースターが1台1000円で買える時代、1台23,000円という異例の価格設定で大ヒットさせたメーカーです

バルミューダ社は、ウェブサイト通じて「家電を通じての日常体験」を強くアピールしています

BALMUDA The Toasterで焼いたトーストは、表面がサックリとしたきつね色、中は水分と香りが十分に残ったまま熱々の仕上がり。鮮烈で、香ばしい小麦の匂いが印象的です。新鮮なバターや季節のジャム、ハチミツをたっぷりとかけてお召し上がりください。

[引用]  BALMUDA

  • 表面がサックリ → 聴覚
  • きつね色 → 視覚
  • 熱々 →  触覚
  • 香ばしい → 嗅覚
  • 新鮮なバター → 味覚

と、この2文の中に5感をフル刺激する表現を織り交ぜ、消費者の感情に揺さぶりをかけています。

さらに、

  • トースターの開発秘話として20年の歳月がかかったこと
  • 雨の中のバーベキューでパンが美味しく焼けることに気づいた

など、トースターが生まれるまでのストーリーでイメージを喚起しています。

まとめ

感動を作るには2つのポイントがあります。

  • 5感の刺激
  • ストーリー

この2点をどう作るか? という点が重要です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です