デッサン人形の購入と、使用してみた感想など




絵の練習用にデッサン人形を購入しました。

デッサン人形にもたくさん種類があり、ネット検索しても何を選べばいいかわかりませんでした。

とりあえず目について購入した商品の感想を書いてみようと思います。

購入したデッサン人形

今回僕が購入したものはこちらの商品です。男性と女性、両方のポーズを購入しました。

BANDAI, Figma社製で、説明書も外箱も日本語だったのですが、なぜか中国からの発送されてきました。…なぜ? その代わり、値段は日本で購入したときの半分以下でした。

デッサン人形って意外と高価で、下手な品物を購入したときショックが大きいので…いざというとき「まぁ、安かったし…」と諦めがつく価格の範囲で選びました (消極的)。

できれば店舗などで実物を見てから購入することをオススメします。

男性


比較的、筋肉質に作られています。女性より身長も高め。

割と繊細な作りになっているので、無理に力を加えてしまうと壊れそうです。

ポージングするときは慎重に扱っています。

女性

男性と比べて大きく違う点は、肩の可動域が異なります。

男性よりもさらに細身に作られているので、パーツも華奢。簡単に壊れてしまいそうです…。

特に肩のパーツがユルユルなので、取り扱いには特に注意が必要です。

まぁ値段を考えると、これぐらい作りであるのは仕方ないな…というのが僕の感想です。

ポーズをとらせてみると

は、しっかり90度動きます。一方で

  • 股関節

はあまり動きません。真横を向かせたり、しゃがませる動作には制限がつきます。

女性の方は肩関節が緩いので、肩をまわす動作はつらいです。

台座がすごく便利

買うときには考慮していなかったけど、便利だなと思ったのは人形を固定する台座。

こちらのデッサン人形には、付属で台座が付いていましたが、この台座が絵を描く上でとても便利でした。

人形を好きな角度で固定できるので、絵を描く際に重宝しています。

付属品が充実! でも…

こちらの商品には、いろんな形の手や、付属品としての銃、刀などのオプションがとても充実しています。

しかし問題が…実は人形自体の作りがお値段相応なので、ほとんど役立ちそうにありません

手のパーツが充実しているものの…

肝心の手首が写真のように強度が極端に低く、なんども手を付け替えることに耐えられそうにありません

そのため手の部品はあまり取り外さないようにしているので、余ったパーツは捨ててしまいました。

銃や刀などの付属品も充実しています。ただしこちらは手の形を変えないと装着できないので、残念ながら使う機会はなさそうです…。

人形の扱い方の説明書。あまり必要ないかもしれません。

まとめ

というわけで、初めてデッサン用の人形を購入してみました。

僕が買った時は一体あたり2600円でしたが、2600円ならその分の価値はありそう、というのが正直な感想です。ただし強度が低いため、壊さないような扱い方が望まれます。

もし定価通りで6000円近いお値段だったら、別のデッサン人形を検討します。

以上、何か参考になる点がありましたら、幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です