【DUO 3.0】英文法・構文解説 | Section 19




自分用の『DUO 3.0』の英文法・構文メモです。

免責事項
このページの執筆者は英文法の専門家どころか、むしろ英語を苦手としています。

間違っている表記、解釈が存在する可能性があります。

ご使用の際は自己責任でお願い致します。

【表記について】下記をご参照下さい

【DUO 3.0】英文法・構文解説 | 表記と参考文献

212

“Jane, (定)/ and / V / O / M.” “(定), but / S / V / M.” (第3文型, 第1文型)

定型表現が2つ出てきています、「give A a ride (to…)」「be tied up」で一つの動詞です。

213

M, S / V / M. S / V / C. (第1文型, 第2文型)

英文221に「in time」という副詞が出てきますが、「on time」と意味が異なるので注意。

214

M / S / V / O / M. (第3文型)

「ran out of…」で一つの動詞で、目的語が「gas」の第3文型。

((in the middle…)) からは副詞句です。

215

S / ←<driving ahead of me> / V, V, and / V / O / M. (第3文型)

「skid」「turn over」は自動詞ですが、「scatter…」が他動詞なので第3文型としました。

<driving ahead of me>は「truck」を修飾する動名詞の形容詞的用法です。

216

S / V / O [that / S’ / V’ / C’ / M’.] (第3文型)

[that a collision…] からは「recall」の目的語となる名詞節です。

名詞節の中は「avoid」の過去分詞「avoided」を使った第2文型で、「彼は思い出した」という文章よりも昔の出来事なので大過去が使用されています。

217

M, V / O / M. (第3文型)

「get in touch with…」で一つの動詞で、目的語は「my agent」

ただし「get in touch (連絡を取る)」という自動詞としても使用できます。

218

“Jane, where / V / S / C?” “S / V / O [S’ / V’ / C’.] S / V / M” “Damn! V!” (第2文型, 第3文型, 第1文型)

「head」の現在進行形「be heading」で第2文型。

[we’re lost] はthinkの目的語で、名詞節になっています。名詞節内は第2文型ですが、『DUO 3.0』では「be (get) lost」で一つの動詞としているので、第1文型ともとれます。

((in wrong direction)) は副詞句。

219

S / V, ((V’-ing / O’)). (第1文型)

「obstracting」からは分詞構文で、文章の後につづいて「…、そして〜」という結果を説明する付帯状況を表しています。

220

There / V / S / and / S / ((on its surface)), (定) / V’-ing / O’. (第1文型)

there構文で、「are」が動詞、「so many fine scratch」と「dents」が主語です。

「it’s no use doing… (…しても無駄)」という定型表現で、useの後には動名詞が続きます。この定型表現の「it」は仮主語で、「doing…」が真主語です。

他動詞「polish」の目的語は「it (=scratch, dents)」。

221

“Hey, S / V / M!” “V, Joe. Let’s / V. S / V / M.” (第1文型, 第1文型, 第1文型)

「be (get) stuck」「chill out」「take a shortcut」全て一つの動詞なので、どれも第1文型です。

「get to…」で「…に着く」という動詞ですが、英文では「get there」となっています。

there, here, homeなどの場所を示す副詞が続く場合, 前置詞toは不要

【引用】『DUO 3.0』, 221ページ

よって最後のセリフも第3文型ではなく、第1文型です。

222

“S / V. Can / S / V / O?” “(定).” (第1文型, 第3文型)

「get a flat tire」で一つの動詞なので、最初のセリフは第1文型。

続くセリフは「give…a hand」で「me」が目的語の第3文型です。

223

S / V / and / V / O [V’-ing / O’]. (第1文型, 第3文型)

「out of control」で「制御がきかない」という形容詞なので、「このwentはなんだ?」と思いました。辞書を引くと「go out of…」で「…から外れて」という意味を持つので「go out of control」で一つの動詞と解釈しました。

andに続く文は「come close to…」が動詞で、前置詞toを受けて「run over」という動詞が動名詞になっています。「to do」ではないので注意。

「run over」の目的語は「pedestrian」









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です