【ノートの使い方】手帳とノートの上手な使い分け、2つのポイント




notebook

手帳とノートの役割

僕は手帳とノートを使っています。使い分けのポイントは2つあり、

  • メインはノート ← 重要
  • 手帳は索引 (インデックス)

という使い方をしています。「手帳はインデックス」という表現は下記サイト様を参考にさせて頂いております。

[参考] 和気文具 | 手帳とノートの使い分け

手帳にはスケジュールのみ

notebook

予定の記入に特化したスケジュールのみのタイプ (メモ欄なし、薄くて軽い) を使用中。

予定をスマホアプリで管理している方は、スケジュール帳は不要だと思います

僕は手書き派なので、スケジュール帳とノートを持ち歩いていますが、本音では1冊に集約したいと考えています。

メインはノート

notebook

予定を書き込むことに特化したスケジュール帳とは別に、ノートにはたくさん書き込んでいます

  • その日あったこと
  • ひらめいたアイディア
  • 読んだ本
  • 感じたこと
  • 新聞の切り抜きの貼り付け
  • イラっとしたこと…

など、制限を設けずに書き込んでいます。

唯一ルールがあるとすれば、ノートにはメモ前に日付を記入し、スケジュールと1対1で対応してることです

あとで確認が楽になります。

本音では手帳とノートは分けたくない

冊数を増やすと面倒

僕はノートを使用するとき、「情報を1冊のノートに集約する」というルールを徹底しています。

手帳術 | 情報を1冊のノートにまとめるといろいろ便利

2017.03.04

理由はいくつかありますが、大きくわけて3つあって

  1. シンプルでわかりやすい
  2. 知識が混ざり、アイディアが生まれる
  3. 消費が早く、勉強してる感が出る (モチベーション維持)

特に1番がとても重要で、ノートをとる上で「持ち歩きが不便」「長続きしない」は一番の障害です。極力シンプルなルールで、長続きするようにしています。

スケジュール管理が問題

ただしこの方法は唯一デメリットがあります。それは「次のノートにスケジュールを持ち越せない」こと

ノートが新しくなるたびにスケジュールを書き直すのは面倒です。

そこで僕がたどり着いた解決策は

  1. 予定に特化したスケジュール帳をノートと持ち歩く
  2. スケジュール帳には予定だけ。メインはあくまでノート。

という方法で一旦落ち着いています。

使用中のノートとスケジュール帳

ノート

背表紙が水に強く丈夫なので、モレスキンの方眼ポケットタイプを使用しています (現在、2冊目)。

自分にあったノートの選び方についてもご紹介しているので、よろしければそちらをご参照ください。

【ノートの使い方】自分にピッタリのノートを選ぼう!【罫線編】

2018.07.10

【ノートの使い方】自分にピッタリのノートを選ぼう!【サイズ編】

2018.07.09

今は持ち運びしやすさを重視し、ポケットタイプを使っています。

次回は方眼A4サイズのノートを使ってみようと考えています。

スケジュール帳

スケジュールしか書き込めないタイプを使用しています。

重視した点は薄さ・軽さ。とにかく持ち運びのしやすさで選びました。

こちらのスケジュール帳は、以下のサイト様を参考に選びました。

[参考記事]>>>『情報は1冊のノートにまとめなさい』でスケジュール管理も一元化する方法を考えた

予定しか書けない薄くて、軽くて、小さいスケジュール帳は種類が少なくて困っています…来年は自分で作るかもしれません。

まとめ

  • メインはノート
  • 手帳は索引 (インデックス)

もっと良い方法はないか、日々模索しています。

追記

ノートの使い方に関する記事も読まれています!

手帳術 | 情報を1冊のノートにまとめるといろいろ便利

2017.03.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です