勉強するときは常にこの道具を持ち歩いています




やっぱり辛い勉強…少しでも楽しくなるように工夫したいものです。

そんなわけで、勉強に使う文具は特に自分のお気に入りのものを選んでいます

本日は僕が愛用している勉強道具についてご紹介いたします。

僕が勉強に使っている道具

1. 万年筆

 tool

2年ぐらい前から愛用しています。

万年筆らしいサラサラした書き味も好きですし、何より「書くのが楽しい!」という気持ちが勉強を後押ししてくれます

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥9,867 (2020/04/06 07:38:59時点 Amazon調べ-詳細)
[関連記事]>>> 勉強を楽しくするために、万年筆を買いました

2. ノート

tool

ノートは勉強ごとに分けるより、一冊に絞って使いましょう! が持論です。

[関連記事]>>> 手帳術 | 情報を1冊のノートにまとめるといろいろ便利

勉強の軌跡や累積が見えると、それが自信に繋がります。一冊のノートに自分の努力量を反映させていきます。

study

勉強時間の記録にも活用。

またテストや勉強に使うだけでなく、テストに向き合う気持ち、不安などもどんどん書き込むようにします

これは筆記開示 (エクスプレッションライティング) といって、心理学的にも非常にプラス効果があります。

[参考記事]>>> パレオな男 | 書くだけで幸福度と認知機能が高まる「筆記開示」初級ガイド

僕も過去に「【日記の書き方】1日3分でポジティブに! 心理学的ノートの使い方」の中で使い方を紹介しています。

成績とモチベーション、どちらも上げるために欠かせない道具です。

3. 蛍光ペン

tool

定番の勉強用道具ですね。

特に何の変哲もないペンですが、

  • 知らなかった単語
  • 知らなかった文法事項
  • 聞き取れなかったフレーズ

などをチェックし、あとから復習できるように使っています。

何色も持ち歩くのが大変なので、基本は一色しか使っていません。視認性の高いピンクのみです。

4. 単語帳

tool

単語を暗記するため、アプリやノートなどを試してきました…が、結局単語帳に戻ってきました。

王道ですが、自分にとってはやはり一番効果的です。

単語帳の使用は勉強の王道「検索練習」にも効果的なので、積極的に活用しています。

[参考記事]>>>【勉強編】成績アップのための効果的な勉強法について、おさらいしてみる

tool

これまでにたまった単語カード。定期的に全部見直しています。

5. 付箋

tool

細い付箋は栞や、あとで解き直したい問題のチェックに使っています。

太い付箋はメモ書き用です。

もちろん太い方と細い方、どちらか一つでも十分かなと思っていますが…。

6. タイマー

tool

勉強時間の記録用に。

スマホは余計な機能がついているので、勉強の妨げになります

少しでも集中力を欠きそうな要因は、消していっています。

7. その他

tool

鉛筆、消しゴム

マークシートを使う模試など、本番を想定して勉強するときに使います。

それ以外ではほとんど使いません。

定規

こちらもなくても問題ありませんが、性格が几帳面なので持ち歩いているだけです笑。

蛍光ペンでのマークやノートに線を引くときだけ使います。

耳栓

tool

勉強するとき、最近は図書館を利用しています。

ただ僕の通う図書館は会議室が隣接しており、よく話し声が聞こえてきます。

より集中できる環境を自分で作るため、勉強時には耳栓を持ち歩くようになりました。

まとめ

勉強するとき、だいたい持ち歩いている道具は

  • 万年筆
  • ノート
  • 蛍光ペン
  • 単語帳
  • 付箋
  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • 定規
  • 耳栓

でした。

自分の勉強法を確立していく中で、だんだん固まってきた感じです。

できるだけシンプルに、必要かつお気に入りの道具だけ持ち歩くようにしています。

自分が使っていて楽しくなるような道具があると、辛い勉強も少し楽しくなってきますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です