【DUO 3.0】英文法・構文解説 | Section 13




自分用の『DUO 3.0』の英文法・構文メモです。

免責事項
このページの執筆者は英文法の専門家どころか、むしろ英語を苦手としています。

間違っている表記、解釈が存在する可能性があります。

ご使用の際は自己責任でお願い致します。

【表記について】下記をご参照下さい

【DUO 3.0】英文法・構文解説 | 表記と参考文献

146

S / V / O, saying, “S / V / O!” But / S / V / O. (第3文型, 第3文型, 第3文型)

「cut in」「be against」どちらも一つの動詞で、それぞれ目的語がつく第3文型です。

147

S / V / O / M. (第3文型)

特に解説の必要はない思います。

<146> 「それには反対だ!」と言って会話に割り込むが、全員に無視される。

<147> 順番をわざと飛ばされる。

【引用】短期間でTOEICスコア800を取る勉強法

登場するたびに悲惨な目に合うBob。今回も例にもれず無視されたり、いじわるされたり…そんな薄幸な主人公Bobがいるから『DUO 3.0』という英単語長はここまで愛されているのだと思います。

頑張れBob。

148

S / V / O /←<being bullied>, but / S / V. (第3文型, 第1文型)

「being bullied」が現在分詞の形容詞的用法で直前の「someone」を修飾しています。

「turn a blind eye」で一つの動詞としています。

149

When / S / and / S / V / O, S / V / C / M. M, S / V / O. (第3文型, 第2文型, 第3文型)

「cheat on」「get away with…」で一つの動詞で、目的語をとる第3文型です。

「suspend」は自動詞で、過去分詞「suspended」という形で補語になる第2文型です。

今回はNickというキャラクターが出てきました。今回のエピソードにあるように、Bobの学生時代の友達です。このNickはずる賢く、よく言えば要領の良い立ち回りでこの後出世街道を進みます。後に奥さんも出てくるので、今後注目のキャラクターでしょう。

150

S / V / C / M / bacause / S / V / O / and / O. (第2文型, 第3文型)

「be jelous of」で一つの動詞で、目的語をとる第3文型。

ちなみに、Richardという名前が出てくるのはこの英文のみ。

151

S / V / O! S / V / C [as if / S’ / V’ / C’.] (第3文型, 第2文型)

「彼=大物のように振る舞う」ですので、第2文型です。

「as if…」からは名詞節で補語となっており、中は仮定法です。「as if / S / V」は「SがVであるかのうように」という意味で、SVは過去形になります。ただ仮定法ですので、「he was」ではなく「he were」となっている点に注意。

152

M, S / V / and / V.  S / V / C. (第1文型, 第2文型)

特に解説の必要はないと思います。

153

S / V / O [that / S’ / V’ / C’.] (第3文型)

[that…] からは名詞節で、「claim」の目的語となっています。

「at one’s disposal」で形容詞、補語となっています。

154

The more / C / S / V, the more / C / S / V. (第2文型)

「the 比較級 〜, the 比較級 〜」比例比較級と呼ばれる構文です。本英文では「the more」ですが、「the bigger」「the sooner」なども使われます。

この英文ではSVがそのまま残っていますが、SVが省略される場合もあります。

なお、比例比較級には頻繁に代名詞の主語やbe動詞の省略が起こります:

The more (it is ) the better (it is ).

「多ければ多いほど良い」

The sooner (it is) the better (it is).

「早ければ早いほど良い」

【引用】RIVCO | 比例比較級: The + 比較級~, the + 比較級 ….

155

“(定) What / V / S / C / to V?” “(定). (定).” (第2文型)

「be supposed to do」は「〜するものだと思われる」という表現です。「be going to」「will」は「〜しようと思う」という意思ですが、「be supposed to do」は義務、規則、約束などの強い制約がつきます。

詳しくはこちらのページをご参照ください。

【参照】「be supposed to~」はとても便利な表現!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です