【読書のススメ】本を読み、活かす技術




f:id:yayoi0004:20170212101254j:plain

みなさんは普段、読書をしていますか? 僕は地元の図書館が使いやすく、大人になって読書にはまり、現在は年間150冊ほど読んでいます。

この数字が大きいか少ないかは別として、僕の尊敬する経営者でカルビーの代表取締役会長、松本晃さんはこのように述べています。

人にとって設備投資にあたるものは学ぶことだ。その一番効率的な方法は読書である。著者が汗水たらして書いたものが千円か2千円で買える。読書は限りある人生で、最大最良にして最も安上がりの投資だ。

 松本 晃 (カルビー株式会社CEO)

この記事を見たとき「確かになー」と納得しました。

 

ブログで書評を掲載する目的

f:id:yayoi0004:20170212101307j:plain

さて、なぜ僕のブログで読書カテゴリーを作ったか? 切り絵と読書に関係などあるのか?

実は、創作活動、展示会、ブログ、ホームページ etc…現在「英国建築切り絵」を軸とした活動のほとんどは、最初に本で読んで勉強し、その後実践しているものが多いです。

本の実践は、実生活を通して割と役立つと思ったので、今回からオススメ本を紹介することにしました。

 

本を読む技術

f:id:yayoi0004:20170212101315j:plain

初回は、オススメ本から「本を読む技術、活かす技術」を学べる本をご紹介したいと思います。

「読書は「アウトプット」が99%」 藤井 孝一 (三笠書房)

www.amazon.co.jp

タイトルの通り、読んだ本の知識を実際に活用することを目的とした本です。読書メモの取り方などについても言及しています。

中でも自分が「確かに」と思った点は以下です。

洞察力は、情報をそのまま受け止めるだけでは身につかず、情報に対して「なぜ?」 「どうして?」「本当に正しいのか?」と疑問を持つことで、物事の本質を見抜けるようになる。

本を読む上では、情報は鵜呑みにするだけでなく、自分できちんと考え、理解することが必要です。妄信しすぎないように、ということですね。

 

 

こちらは、読んだ情報を「まとめておく技術」に適した本としてご紹介させて頂きました。

せっかく読んだ本の内容も、忘れてしまってはもったいない…。そこでメモをとることが重要になりますが、気負って「読書ノート」を作っても長続きしない…という方はいらっしゃいませんか? 僕です笑。

そこで、普段持ち歩くノートは1冊に絞り、そこにスケジュール、仕事、読んだ本の感想、ブログのネタetc…といった情報を詰め込むことにしています。気軽に書き込める分、読書メモを取ることが苦でなくなりました

さて、実際に本を読み進める方法をご紹介致します。

もちろん、これを真似てくださいというつもりはなく、あくまで「こういう読み方もあるよ」という一つのモデルとしてご理解頂ければ幸いです。

 

読み始める前の準備

f:id:yayoi0004:20170212210304j:plain

本に小さな付箋をつけておきます。

これはその本の中で大切、覚えておきたいと思ったところにマークをしながら読めるようにです。

僕の使用している付箋はこちらです。

よく本を読むとき、メモを取りながら読むと良いと言われます。

人はそのとき大事だと思っても、すぐに内容を忘れてしまうため、僕も読みながらメモできればベストだとは思います。

しかし実際は電車での移動、ちょっとした空き時間、本を読むためにペンやメモを取り出すのは面倒なので、なかなか上手くいきませんでした。

人によっては、ページの角を折ること (ドッグイヤー) でマークする人もいると思いますが、図書館から借りた本ではそれも難しいです。

付箋だと簡単に付け外しでき、跡が残らない点がオススメです

僕は一回の読書で7枚まで付箋を用意すると決めています。

なぜ7枚までか? これは独自ルールとして実践しているだけですが、一冊の本からあまり多くを学ぼうとすると、吸収しきれないからです。あと、メモする点が多くなると、あとあと書き写すのが面倒…笑。

一回の読書でメモする部分は、最大7つぐらいが自分にとってちょうど良い分量だと思っています。

7つ以上メモしたいことがある場合は、その本は自分にとって必要な情報が多い本である可能性があるため、手元において定期的に読み直すようにしています。

 

自分がメモしたい部分に付箋を貼る

f:id:yayoi0004:20170212210328j:plain

あとは読み進めながら、「ここは後でメモしておきたい!」と思ったところに付箋をつけながら読み進めるだけです。

 

読み終わったらノートにメモする

f:id:yayoi0004:20170212210345j:plain

ノートには

  • 本のタイトル
  • 作者
  • 出版社

だけは最低限メモするようにしています。あとは

  • 気になったキーワード、文章
  • 自分の感想、考え方
  • 必要な場合は図のコピー

などを書き込んでいます。

 

読書記録をエクセルに記載

f:id:yayoi0004:20170212210402j:plain

これはあくまで自分用メモですが、「どれぐらい読んでるか」を把握するため、エクセルに読んだ本をまとめています。こちらには下の項目をメモしています。

  • 読んだ日 (覚えていれば)
  • 題名
  • 副題
  • 著者名
  • 出版社名
  • 簡易メモ (ためになった、〇〇に詳しくなれるとか、簡単なもの)

いかかでしたでしょうか。

僕は面倒なの作業が嫌いなのですが、できるだけ読んだ本は忘れないようにしたいので、上記のような方法でメモをとっています。

何か参考になる部分があれば幸いです。

では、そんな感じで!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です