切り絵に必要な道具03 | 製図用シャーペン




f:id:yayoi0004:20170107125515j:plain

切り絵を始めるには「カッターナイフ」と「カッターマット」があれば十分ですが、僕の場合は他にもいくつか道具を使っています。

作品の下書きや、補助線を書き足す際には「0.3 mmシャーペン」を使っています。

重さと太さが好み

今使っているシャーペンはZEBRA社の「Tect 2Way 03」です。

フリシャ機能が付いていますが、全く使っていません笑。

製図ようシャーペンで、少し重みがあるのが特長です。

シャーペンのような道具は個人的な好みで選ぶかと思いますが、僕の選ぶ基準としては持ったときの重さ (重めが好き)、軸の細さ (握りやすいか) ですかね。

あとはデザイン性ですね。

普段は1000円もするシャーペンは買わないのですが、このTect 2Wayは重さ、細さ、デザインがとても気に入ったので買ってしまいました。全く後悔はないです。

文具屋で0.3 mmのシャーペンを探していて、たまたま見つけて購入しました。普段使いは0.5 mmなのですが、切り絵だと0.3 mm程での切り分けもあるので、なるべく細いシャーペンを探していました。

余談ですが、とある尊敬する切り絵作家さんも同じシャーペンを使用していました。偶然の一致ですが、なんか嬉しくなりました笑。

下書き、補助線の書き込みに使用

f:id:yayoi0004:20170107203306j:plain

僕の切り絵は

  1. 下書きから全部やる
  2. 写真に切る線を書き込みながら切る

の2つの方法があり、どちらでも活躍してくれています。

写真に補助線を入れる様子

f:id:yayoi0004:20170107204001j:plain

このように、切るところを明確にするためにシャーペンで印をつけていきます。

特に必要な補助線は、1枚に繋げる線、強度を上げる線ですかね。

僕の作品のこだわりとして、1枚に繋げるというものがあり、そのため本来別パーツになるところに補助線を引いて、無理やり1枚に繋げています。

f:id:yayoi0004:20170107204524j:plain

黄色矢印の先の線はもともと存在しない線なのですが、一枚に繋げるため、さらに強度を高めて破損を防ぐために入れています。

頭で考えながら切る方が早いですが、間違いを極力少なくするために、1回1回補助線を書き込んで作業しています (正直すごく面倒ですが…)。

というわけで、お気に入りのシャーペンのご紹介でした。

では、そんな感じで !









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です